カテゴリ:場所別 > 九州国立博物館・太宰府

江雪左文字が展示される九州国立博物館に行くには、かならずと言っていいほど「太宰府天満宮」の敷地を通ります。その途中には「宝物殿Google Map)」と、本殿裏手に「菅公歴史館Google Map)」があり、ここにも文化財が展示されています。

この3館の入場料は一般(大人)で合計1030円ですが、実は500円で買えてしまう共通チケットがあります。

宝物殿には、道真公の佩刀や真筆、古青江派の刀工・青江俊次の太刀(鎌倉時代/国重要文化財)などもあります(展示中かは不明)。

菅公歴史館は、道真公の一生を博多人形のジオラマで展示した施設です。

博物館で「戦国大名展(当日1400円/江雪左文字を含む平常展も観覧可能)」を見たとしても、宝物殿+菅公歴史館の2館で600円なので、100円オトクですね。

共通チケットは、博物館・宝物殿・菅公歴史館のチケット売り場で購入可能です。

隅から隅まで天満宮を満喫したい方にどうぞ。


太宰府天満宮&九州国立博物館 共通チケットのご紹介


太宰府天満宮の「宝物殿」および「菅公歴史館」と九州国立博物館「文化交流展(平常展)」を共通で観覧できる『共通チケット』を500円販売しています。

通常、太宰府天満宮宝物殿:一般400円、菅公歴史館:一般200円、九州国立博物館文化交流展示室(平常展):一般430円【平成26年4月1日改正】(旧料金420円)のところを共通チケットとして500円で販売するもので、大変お得なチケットとなっております。

皆様には是非この機会に太宰府の歴史を堪能してみてはいかがでしょうか。

●販売時期:平成21年9月29日(火)〜
●販売場所:太宰府天満宮宝物殿チケット販売場所
  太宰府天満宮菅公歴史館チケット販売場所
  九州国立博物館1階チケット販売場所
●販売価格:500円
*団体割引はありません
*九州国立博物館文化交流展示室(平常展)は18歳未満は無料となっておりますので、一般料金のみの販売となります

【!注意!】特別展「戦国大名」は5月31日までの開催です。以降、6月中は常設展のみとなります(江雪左文字は、常設展内の特別公開扱いです)。

現在、九州国立博物館で開催中の「開館10周年記念特別展 戦国大名 - 九州の群雄とアジアの波涛 - 」展

特別展のため、チケット代が一般(おとな)当日券で1400円かかるのですが、このチケットで、江雪左文字が展示される平常展にも入れます。【チケット代が200~300円ほど安くなる記事はこちら続きを読む


「九州国立博物館パスポート」のご案内


国立博物館の平常展を何度でもご観覧いただけます。
パスポートをご提示いただくと九州・東京・京都・奈良国立博物館の平常展を何度でもご観覧いただけます。

*平常展は、少しずつ展示替えをいたします。

国立博物館で有効期限内に開催されるすべての特別展(共催含む)の中から、合計6回まで特別展をご観覧いただけます。
パスポートをご提示いただくと、国立博物館(九州・東京・京都・奈良)の特別展を合計6回までご観覧いただけます。

*ただし、同じ特別展を2回観覧することはできません。
*九州国立博物館以外の特別展は2回までご観覧いただけます。

博物館隣接の太宰府天満宮は大きな神社で、一大観光地でもあり、参道はお店がたくさんあります。

何よりの名物は「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」。黒あんを中に包んだ、焼いた餅なのですが、ほかにはない美味しさです(梅のすっぱい味はしません。なぜ梅かは、この記事の最後に書きました)。
recommend_photo
かさの家サイトより


太宰府グルメのポイント

  • なにはなくとも「梅ヶ枝餅」を買い食い。焼きたてをその場で食べてほしい。
    • 参道に何軒もある。人気は、参道の中間あたりの「かさの家」「きくち」、本殿裏手の「お石茶屋」。

    • 1個から買えるので、食べ比べをしても(100円前後)。焼きたてを頬張れるのはここしかありません。イートインがある店もあります。

    • もちろん、おみやげにも。(常温でもいけるが日持ちはしません。冷蔵や冷凍バージョンもあります)

  • 参道奥に行くほど、うどんやそばといったメニューがほとんどに。「太宰府ならでは」や「福岡っぽい」ごはん処は、駅前と参道入口に集中しています。

  • 博物館併設のレストランはお昼時は大混雑。ホテルの味ですが高価です(カレーで1400円)。

  • コンビニは駅前にローソンが1軒。ちょっと遠くにセブンイレブンが1軒です。

太宰府グルメはぼっちに優しい(※個人の感想です)

まず、場の雰囲気が寛容だと感じます。大勢のツアー客も2~数人連れも入り乱れ、にぎやかですが、おもに博物館や歴史探訪めあてとおぼしき方々が、単独でうろうろしています。

買い食いが平気な人は、甘味や肉まんで済ませられます。ラーメン屋はカウンターのみで回転が早いです。本殿裏手の茶屋には、ひとりでものんびりしている人が割といます。  
続きを読む

楼門
九州国立博物館は、太宰府天満宮と切っても切れない関係にあります。

太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう)は、文芸の天才・菅原道真公(すがわらのみちざね)を祭神として919年にひらかれた神社で、学問の神様として親しまれています。

天満宮の宮司は代々菅原家の子孫で、現当主の曽祖父の代から、九州に国立博物館を誘致しようと尽力し、敷地を寄付し、2005年に開館にこぎつけました。

天満宮自体、約1100年の歴史と伝統を持つ文化財の宝庫です。

つづきでは、天満宮内のおもなスポットを紹介します。
 続きを読む

特別公開『中世刀剣の美 - ふくやま美術館寄託「小松コレクション」と九博の名刀 -』
展示期間:2015年5月19日(火)〜6月28日(日)
      9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)※毎週月曜休館
展示場所: 九州国立博物館 文化交流展示室 関連第9室(福岡県太宰府市)
観覧料: 大人430円、大学生130円、18歳以下無料
 ※特別展「戦国大名(5/31まで)」大人の場合1400円(前売1200円)の券で無料観覧可能(詳細
 ※太宰府天満宮 宝物殿・菅公歴史館との共通割引券500円あり(詳細
 ※東京・京都国立博物館共通のフリーパス使用可能( 詳細
 ※西鉄電車往復乗車券と戦国大名展(5/31まで)のセット割引あり(他施設割引特典等多数。詳細
このたび「江雪左文字」が展示される「九州国立博物館」。

実は、福岡県の都心部である福岡市から離れた「太宰府市(だざいふし)」という市町村にあり、少し移動が必要です。

遠方からお越しの方は、飛行機や新幹線で福岡市の「福岡空港」や「JR博多駅」に着いたあと、
  1. 太宰府行き直通バスに乗る(博多駅から約40分/空港から約25分)

  2. 地下鉄やバスで天神(てんじん)地区に行き、西鉄(にしてつ)電車に乗って太宰府まで行く
    (空港→[約10分]→博多→[約10分]→天神→[約30分]→太宰府)
のいずれかで、太宰府においでください。

つづきでは、博多駅や福岡空港から太宰府までの行き方を、パターン別にくわしくご案内します。

続きを読む

↑このページのトップヘ