へし切長谷部と日本号は、福岡市早良区の「福岡市博物館」に展示されています。

このページは、JR博多駅から福岡市博物館への行き方です。

西鉄天神駅からの記事はこちらです。

大身槍 名物「日本号」
ph_nippongo
福岡市博物館公式サイトより

■場所/福岡市博物館 企画展示室2「黒田記念室」
■観覧料(常設展と共通)/一般200円・高大生150円・中学生以下無料
福岡市博物館公式サイト アクセスガイド

【地下鉄の場合】→くわしい行き方はこちら
地下鉄博多駅から約13分260円+徒歩15分
 ○ バスに比べ所要時間が一定で時間が読みやすい
 × 着いてから博物館への徒歩距離が長い(約15分。景色はキレイです。バスもありますが徒歩が早く着きます)

【バスの場合】→くわしい行き方はこちら
博多駅から約20~30分230円
 ○ 着いてから博物館への徒歩距離が短い(南口で1分、北口で5分)
 ○ 地下鉄よりわずかだが安い
 × バス停もバスも非常に多く、乗り場が分かりにくい(福岡市は日本有数のバス路線発達地帯です)
 × 渋滞にはまるとダイヤ通りにいかず、時間がかかる恐れ

【急ぐ時はタクシーも】
市博物館は夕方5時に入館受付が終わります。各停停止の路線バスや、徒歩が長い地下鉄では不安という時には、タクシーもご検討ください。料金は、博多駅から3000円あれば足りると予想されます。(「とにかく急いでいる」と伝えたら、有料都市高速の提案もあるかもしれません)




JR博多駅から市博物館へ【地下鉄】

  • 地下鉄博多駅から地下鉄西新駅(にしじん)(約13分260円)
  • JR博多駅には、地下鉄への降り口がそこかしこにあります。案内板を見て地下鉄博多駅へ向かってください。
  • かならず「姪浜・唐津方面(めいのはま・からつ)」行きに乗ってください。反対の福岡空港行きに乗ると時間のロスです。
  • 朝5時台から夜0時台まで、約5~10分間隔で運行。※博物館入場受付は17時までです。 →土日祝の時刻表平日
  • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。

主な地下鉄への降り口その1:新幹線口ちかく

新幹線改札口から正面に進みちょっと右を見るとあります。
地下鉄降り口新幹線

主な地下鉄への降り口その2:駅ビル構内、博多口ちかく

新幹線・在来線改札から「博多口」方面へ進むとあります


主な地下鉄への降り口その3:バスターミナル最寄り

バスターミナルを出たらすぐ左にあります。バスで江雪九博(太宰府)帰りの人にオススメ

最寄り地下鉄駅から徒歩で市博物館への行き方(徒歩約15分)

地下鉄西新駅の1番出口から地上に出て、目の前の交差点を右折し直進。西新通り交差点を左折して進むと、右手に博物館の前庭が見えるので入ってください。
西新から徒歩

近くの西南学院大学には、刀剣乱舞のステージにも出てくる元寇防塁の遺跡が移築保存されています。(平日のみ公開) また、無人で、小さなコンクリート製の祠のみですが、元寇神社もあります。




JR博多駅から市博物館へ【バス】

  • バス停(候補2つ。後述)に行って【300番/301番/302番/303番/305番/306番/312番】いずれかのバスに乗り、「博物館南口バス停 か 博物館北口バス停」で下車してください。
  • 上記番号のバスで、時々 博物館バス停に停まらない便がありますが、その場合は「福岡タワー南口 か 福岡タワーTNC会館」バス停で降りてください。
  • バスは沢山来ますが、ポイントは「バス正面と側面の電光掲示板の数字」です。ここを間違わなければ必ず着けます。バス系統表
  • 朝6時台から22時台まで、数分間隔で運行。※博物館入場受付は17時までです。


  • ●バス停その1:バスターミナル内5番 or 6番のりば(約20分、230円)

    【時刻表】→日祝 →土曜 →平日
    【スマホアプリ「にしてつバスナビ」もあり】

    【306番】【312番】いずれかのバスに乗ってください。

    バスで太宰府から帰ってきた方は、同じターミナル内で5番か6番乗り場へ移動すればすぐです。

    博多駅構内からバスターミナルへの行き方は、JR博多駅からの道順の記事をご覧ください。

    バスターミナル 




    ●バス停その2:博多駅前Aのりば(約30分、230円)

    【時刻表】→日祝 →土曜 →平日

    【300番/301番/302番/303番/305番】のいずれかに乗ってください。

    【6番バス】でも行けますが、10分ほど時間が余計にかかります。

    博多駅(博多口)からの行き方

    博多駅の「博多口」からは、直進して駅前広場を突っ切るとバス停に突き当たります。
    博多口から駅前A

    バスで太宰府(九州国立博物館)から帰って来た方は、同じターミナル内の5番か6番乗り場のほうが近いです。

    バス停から市博物館への行き方

    市立博物館周りバス停

    ■博物館南口バス停から(徒歩約1分)
    道路の向こうに、半円状の博物館のモニュメントが既に見えます。バス進行方向側の横断歩道をわたり、博物館正面から敷地へ入って下さい。

    ■博物館北口バス停から(徒歩約5分)
    バスが進んできた通りの方向へスタート。最初の交差点の横断歩道をわたってから左折すると、「市博物館」の青い看板があるので敷地へ。駐車場を経由し博物館の裏から入っていく形になります。

    ■福岡タワー(南口)バス停から博物館へ(徒歩約5分)
    バスが来た方向に戻るようにスタート。最初の交差点(福岡タワー前)を右に曲がり直進。「福岡市博物館」の青い看板が見えるので敷地に入ってください。

    ■福岡タワー(TNC会館前)バス停から(徒歩約7分)
    バスが来た方向に戻るようにスタート。マリゾン入口交差点を過ぎ直進すると、「市博物館」の青い看板が見えるので敷地に入ってください。

    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    • 九州のバスは車体中央ドアから乗り込み前方ドアから降車(降車時支払い)です。中央ドアから乗車→IDカードタッチ(現金の場合整理券を取る)→降りる時は前方ドア、IDカードタッチか現金で支払いです。
    • 道路渋滞などでダイヤ通りに着かない可能性もあります。スケジュールは余裕を持って組んでください。