博物館隣接の太宰府天満宮は大きな神社で、一大観光地でもあり、参道はお店がたくさんあります。

何よりの名物は「梅ヶ枝餅(うめがえもち)」。黒あんを中に包んだ、焼いた餅なのですが、ほかにはない美味しさです(梅のすっぱい味はしません。なぜ梅かは、この記事の最後に書きました)。
recommend_photo
かさの家サイトより


太宰府グルメのポイント

  • なにはなくとも「梅ヶ枝餅」を買い食い。焼きたてをその場で食べてほしい。
    • 参道に何軒もある。人気は、参道の中間あたりの「かさの家」「きくち」、本殿裏手の「お石茶屋」。

    • 1個から買えるので、食べ比べをしても(100円前後)。焼きたてを頬張れるのはここしかありません。イートインがある店もあります。

    • もちろん、おみやげにも。(常温でもいけるが日持ちはしません。冷蔵や冷凍バージョンもあります)

  • 参道奥に行くほど、うどんやそばといったメニューがほとんどに。「太宰府ならでは」や「福岡っぽい」ごはん処は、駅前と参道入口に集中しています。

  • 博物館併設のレストランはお昼時は大混雑。ホテルの味ですが高価です(カレーで1400円)。

  • コンビニは駅前にローソンが1軒。ちょっと遠くにセブンイレブンが1軒です。

太宰府グルメはぼっちに優しい(※個人の感想です)

まず、場の雰囲気が寛容だと感じます。大勢のツアー客も2~数人連れも入り乱れ、にぎやかですが、おもに博物館や歴史探訪めあてとおぼしき方々が、単独でうろうろしています。

買い食いが平気な人は、甘味や肉まんで済ませられます。ラーメン屋はカウンターのみで回転が早いです。本殿裏手の茶屋には、ひとりでものんびりしている人が割といます。  

太宰府駅前~参道入口

太宰府1

唯一といってもいいコンビニとラーメン屋があるエリア。「ご当地グルメ食べたい!」という方は、ここ近辺が候補になると思います。

参道に入る前に食事するなら、あんこ餅を食べられるくらいの胃のスペースは空けて、あとで梅ヶ枝餅も食べてくださいね。

【とんこつラーメン】暖暮

駅前交差点。天満宮すぐ近くでとんこつラーメンを食べられる、(多分)唯一の店です。あっさりしすぎずこってりしすぎず、バランスが良いです。取り放題のからし高菜もどうぞ。食券制。(食べログ / GoogleMap暖暮

【コンビニ】ローソン太宰府天満宮前店

駅前交差点カド。天満宮近辺ほぼ唯一のコンビニです。コンビニへの用事はここで済ませてしまいましょう。(GoogleMap
※以後、参道に入ってからコンビニに行きたくなった場合、少し遠いですがセブンイレブン太宰府三条店に行けなくもないです。(GoogleMap
※博物館メモ必携の「えんぴつ」(ボールペンでもシャーペンでもなく)は、コンビニ含め天満宮近辺では売っているお店が皆無です。太宰府に到着する前に準備か、最終手段として博物館受付で貸してもらいましょう(公式サイト)。

【武将グッズ】太宰府武将館

参道とは逆、ラーメン暖暮の2軒隣くらいにある武将グッズ店。「戦国無双」や「真・三国無双」が好きな方は特に楽しいと思います。(GoogleMap ※前の店で登録されたまま)
太宰府武将館


ほかの駅近くのお店
・博多もつ鍋 まん月堂(食べログ / GoogleMap


【甘辛からあげ・太宰府バーガー】筑紫庵

筑紫庵
せんべい1つ目の鳥居をくぐる直前、左手の「もち焼きせんべい(左写真)」の角を左折して10歩ほどに「太宰府のからあげ屋」の提灯があります。

独特の甘辛いタレの鳥からあげが名物の「筑紫庵(つくしあん)」です。からあげを挟んだ太宰府ハンバーガーのテイクアウトや、定食のイートインができますが、小さい店の上、人気なので、注文から出てくるまで比較的時間がかかります。利用する時は、混み具合や時間の余裕と相談してください。(食べログGoogleMap

【大きな肉まん】揚子江の豚まん

筑紫庵の向かいには、老舗の「揚子江(ようすこう)」があります。テイクアウトの豚まんは大きくて、肉汁たっぷり。1個で大満足です。(食べログ / GoogleMap揚子江

観光案内所(無料休憩所)

筑紫庵の隣、揚子江の向かいには観光案内所があります。無料休憩所も兼ねており、ひとやすみやテイクアウト品をつまむにはちょうどいいです。コインロッカーは割と穴場です。(GoogleMap太宰府観光案内


ほかの参道入り口のお店

・寿し栄(食べログ) 筑紫庵から先に行った所の回らないお寿司。


参道

梅ヶ枝餅と和小物が目立つ参道ですが、かわいい雑貨屋などもあり意外とバラエティに富んでいます。ほぼ、駅に近い方から順に並べています。

【梅ヶ枝餅】かさの家

かさのやギャラリー

たくさんある梅ヶ枝餅の店でも1番人気の店。やわっとした食感。よく人だかりができています。テイクアウトのほか、イートインもあり、梅ヶ枝餅と抹茶のセットや、松香堂弁当、丼、麺類などが頂けます。(食べログ / GoogleMap

【梅ヶ枝餅】きくち

きくち
これも梅ヶ枝餅の人気店。かさの家の2軒くらい隣。焼いたパリっと食感が強めです。間口の小さい店なので見逃し注意。イートインで抹茶セット頂けます。(食べログ / GoogleMap

【明太子】ふくや太宰府店

ふくや
明太子大手の「ふくや」支店。ここの特長は、明太子が白ご飯と一緒に試食し放題な事。数席ですがイートインもあり、明太子のだし茶漬けセット、コーヒーなどが頂けます。(食べログ / GoogleMap

【おされスタバ】スターバックス太宰府天満宮表参道店

スタバ
売れっ子建築家・隈研吾氏によるオンリーデザインのスタバ。内装もこの調子で組み木がされています。だいたい満員ですが、ちょっと覗くと「珍しいもん見たー」て気分になります。(食べログ / GoogleMap

ほかおすすめのお店

・天山(店写真食べログ/ GoogleMap)…鬼瓦もなか。1個から買い食い可能。あんこの定番のほか、限定の変わり種もおいしい。梅ヶ枝餅は食べ飽きたという太宰府通の方に。

・ブルーシールアイスクリーム(店写真GoogleMap)…沖縄中心のレアなアイスメーカーのスタンドがなぜかあります。

天満宮本殿の裏エリア

広々とした茶屋が何軒かあり、表に比べ人の往来も少なく、のんびりできる穴場。博物館鑑賞→本殿参拝→ここらで一服が個人的な定番ルートです。参拝後に行きやすいルート:本殿そばの「飛梅」の向こう、本殿と回廊の継ぎ目に「おまもり」の看板があり、そこから裏手への道がひっそりと続いています。(写真

お石茶屋

お石

天満宮の裏手の代表格。皮が厚めの梅ヶ枝餅がいけます。麺類などの軽食も。店外に並べられた緋毛氈の長椅子は、晴れの日に木陰になると最高の休憩所です。(食べログ / GoogleMap






★こぼれ話★ なぜ「梅ヶ枝」のお餅なのか? 死後に天満宮の祭神となる菅原道真が、大宰府に左遷され軟禁状態だった時、近所の老婆が梅の枝にお餅を挿し、戸の隙間から道真に渡してなぐさめたから、という伝説があります。(道真が好きだった、近所の老婆の売る餅を、死後墓前に梅の枝と一緒に供えたからという説もあり)