※画像にあるホテルが、全てのホテルではありません。他のもホテルはありますので、口コミサイトなどで評判を見つつお選びください。

福岡市内の宿泊施設の全体像

国立博物館周り(太宰府・二日市)にもホテルは有りますが、利便性を考えると福岡市内がやはり有力になります。
福岡市の中心はJR博多駅と西鉄天神駅に囲まれた徒歩30分圏内。
ホテルの多いエリアの特徴は、下記のとおりです。

map市内ホテル

つづきでは、各エリアの特徴を紹介します。

博多駅 筑紫口エリア

JR博多駅の新幹線改札口に最も近い東側エリアです。
駅チカの中~高ランクホテルが密集し周囲の飲食店も豊富です(駅ビル、居酒屋系)
新幹線利用で極力移動を少なくしたい方に。

筑紫口

 




 

博多駅 博多口エリア

JR博多駅の西側です。バスターミナルや地下鉄最寄り、どこにでも行きやすいエリアです。
日航、東横インなど、全国展開の泊まって間違いのないホテルが駅前から大通りに沿い緩やかに点在します。

博多口

 




 

天神・赤坂エリア

九州一にぎやかな都心中の都心です。
博物館まで西鉄電車で行くなら必ず通り、昼も夜も食事や買い物に事欠きません。

ホテルの数はそう無く、比較的良いランクが多い印象です。
福岡の一大企業である「西鉄(にしてつ)」が運営する「西鉄グランドホテル」や「ソラリアホテル」など。

天神

 




 

中洲エリア

天神と博多双方から徒歩15~20分の中間エリアです。
地下鉄1~2駅の距離分、少し安めのホテルが選べる印象です。

ごく狭い範囲ですが、飲み屋街に近いので、そういった雰囲気が苦手な方はご留意を。
逆にお酒好きな方なら、飲んですぐ寝られるのでいいかもしれません。
 

中洲

 




 

百道(ももち)エリア

福岡ヤフードームの隣にある「ヒルトン」筆頭に、ハイランクホテルも多い海辺エリア。
港を望む夜景がとても綺麗に見えます。

「日本号(展示中)」や「へし切長谷部(現在展示なし)」を所蔵する福岡市博物館に近い、という特長も。

やや郊外にあり、弱点は食。
ホテルディナーでなく外に食べに出るなら地下鉄orバスで西新(にしじん)か天神へどうぞ。

百道

 




 

太宰府・二日市(ふつかいち)エリア

江雪左文字を展示する九州国立博物館近郊には二日市温泉という温泉地があります。

他、刀剣以外での太宰府エリアの歴史探訪がじっくりできます。
太宰府のスポットは寺社が多く、総じて閉場が夕方4時~5時ごろと早いので、宿泊地からすぐに行けるというのは便利です。


また、熊本県で展示中の同田貫に少し近い、等の利点もあるかもしれません。(→同田貫への行き方
ただしこれは、西鉄電車やJR在来線を使う場合のみ。
一番早いのは、博多駅から新幹線で新玉名駅まで向かうルートです(その分料金はかさみます)。

太宰府ホテルマップ