特別公開『中世刀剣の美 - ふくやま美術館寄託「小松コレクション」と九博の名刀 -』
展示期間:2015年5月19日(火)〜6月28日(日)
      9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)※毎週月曜休館
展示場所: 九州国立博物館 文化交流展示室 関連第9室(福岡県太宰府市)
観覧料: 大人430円、大学生130円、18歳以下無料
 ※特別展「戦国大名(5/31まで)」大人の場合1400円(前売1200円)の券で無料観覧可能(詳細
 ※太宰府天満宮 宝物殿・菅公歴史館との共通割引券500円あり(詳細
 ※東京・京都国立博物館共通のフリーパス使用可能( 詳細
 ※西鉄電車往復乗車券と戦国大名展(5/31まで)のセット割引あり(他施設割引特典等多数。詳細
このたび「江雪左文字」が展示される「九州国立博物館」。

実は、福岡県の都心部である福岡市から離れた「太宰府市(だざいふし)」という市町村にあり、少し移動が必要です。

遠方からお越しの方は、飛行機や新幹線で福岡市の「福岡空港」や「JR博多駅」に着いたあと、
  1. 太宰府行き直通バスに乗る(博多駅から約40分/空港から約25分)

  2. 地下鉄やバスで天神(てんじん)地区に行き、西鉄(にしてつ)電車に乗って太宰府まで行く
    (空港→[約10分]→博多→[約10分]→天神→[約30分]→太宰府)
のいずれかで、太宰府においでください。

つづきでは、博多駅や福岡空港から太宰府までの行き方を、パターン別にくわしくご案内します。





福岡空港から太宰府へ【直通バス】

  1. 福岡空港到着後、空港内シャトルバス(無料連絡バス)で国際線側に移動。
    朝6時台から夜22時台まで、約4~8分間隔で運行。 →時刻表
    福岡空港公式サイトより
  2. 国際線側 高速・急行バス乗り場から「太宰府行き」バスに乗車。終点まで向かう。(約25分、500円)
    朝8時台から17時台(平日は15:55)まで、約15分間隔で運行。 →土日祝の時刻表平日
    福岡空港公式サイトより
    • 乗り場後ろの発券所は長距離バス専用で今回は利用しません。バスが来て、乗り込んでから、整理券を取り(またはICカードをタッチ)、降車時に支払いします。
    • 途中の「大宰府政庁跡バス停」で降りると、大宰府政庁の跡地(当時の建築基礎残存)、観世音寺(とうらぶ筑前サーバのモデル・日本最古の鐘や高さ5mの馬頭観音像など)に行けます。 【太宰府記事はこちら】
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    • 道路渋滞などでダイヤ通りの25分で着かない可能性もあります。スケジュールは余裕を持って組んでください。
  3. 終点の太宰府駅前に到着。目の前から始まる天満宮の参道を徒歩で移動。鳥居をくぐって天満宮に入り博物館へ。約15分で到着。 【写真付きルートの記事はこちら】



福岡空港から太宰府へ【電車】

  1. 福岡空港到着後、地下鉄「福岡空港駅」に乗り「天神駅(てんじん)」へ向かう。(5駅、11分、260円)
    • 国内線第2ターミナルビルの内外に4ヶ所ほど地下鉄への降り口があります。
    • 朝5時台から夜0時台まで、約5~10分間隔で運行。何も考えず、来た車両に飛び乗ってOKです(全便が天神に停車)。 →土日祝の時刻表平日
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
  2. 天神到着後、改札口(中央口)→6番出口→西鉄(にしてつ)の駅へ。
    • 地下鉄天神駅の改札を抜けると長大な地下街につながっており、入り込むと慣れない人は迷うかもしれません(そこかしこに案内板はあります)。
      地下鉄の「中央口」から出て、ほんの少し右へ→「西鉄天神大牟田線」の黄色い看板がある6番出口の通路へ入る→案内に従い地上の駅へ のルートが確実です。
      福岡市営地下鉄公式サイトより
    地下鉄天神駅改札
    地下鉄天神駅 中央改札から右手の風景

  3. 駅ビル2階、西鉄電車の福岡天神駅【特急or急行】→二日市駅(ふつかいち)で乗換→太宰府駅へ向かう。(特急で2駅目/急行は5駅目→3駅目の終点まで、約30分、400円)

    ★江雪のほか「戦国大名展」も一緒に観る場合は、300円オトクな往復乗車券と入場券のセットが改札そばの駅事務所や案内所で買えます。ポストカードや観世音寺、菅公歴史館の割引なども付随。詳しくは公式サイトへ(5月31日まで)

    • 地下鉄から地上に上がると、大きな駅ビルのただなかに出ます。西鉄の改札は2階にあります。
      西鉄福岡天神駅 北口

    • 朝6時台から夜23時台まで、約20分間隔で運行。「特急」か「急行」に乗れば、15分程度で必ず乗換駅の二日市に停まります(行き先表示はどれでもOK。特急料金はかかりません)。 →土日祝の時刻表平日
    • 朝9時台~11時台に、何本か直通の「急行太宰府行き」があります。これは乗換なしです。
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    二日市駅太宰府線
    乗換駅の二日市駅に着いたら、この看板の路線へ。
  4. 終点の太宰府駅に到着。目の前から始まる天満宮の参道を徒歩で移動。鳥居をくぐって天満宮に入り博物館へ。約15分で到着。 【写真付きルートの記事はこちら】



博多駅から太宰府へ【直通バス】

  1. 博多駅に到着後「博多口」方面へ歩き、博多バスターミナルへ。11番乗り場から「太宰府行き」バスに乗車。(約40分、600円) 【博多駅(新幹線口)からバス乗り場までの写真付きルート記事はこちら】

    朝8時台から17時台(平日は15:40)まで、約15分間隔で運行。 →土日祝の時刻表平日
    • 料金は、バスに乗って降りる時に支払いします。
    • 途中の「大宰府政庁跡バス停」で降りると、大宰府政庁の跡地(当時の建築基礎残存)、観世音寺(とうらぶ筑前サーバのモデル・日本最古の鐘や高さ5mの馬頭観音像など)に行けます。 【太宰府記事はこちら】
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    • 道路渋滞などでダイヤ通りの40分で着かない可能性もあります。スケジュールは余裕を持って組んでください。
  2. 終点の太宰府駅前に到着。目の前から始まる天満宮の参道を徒歩で移動。鳥居をくぐって天満宮に入り博物館へ。約15分で到着。 【写真付きルートの記事はこちら】



博多駅から太宰府へ【電車】

  1. 博多駅到着後、地下鉄「博多駅」から姪浜・唐津方面行き電車で「天神駅(てんじん)」へ向かう。(3駅、5分、260円)
    • 博多駅の「博多口」側数ヶ所に、地下鉄(地下街)への降り口があります。
    • かならず「姪浜・唐津方面(めいのはま・からつ)」行きに乗ってください。反対の福岡空港行きに乗ると時間のロスです。
    • 朝5時台から夜0時台まで、約5~10分間隔で運行。 →土日祝の時刻表平日
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    • 博多駅から天神までは100円循環路線バスも使えますが、福岡の巨大な路線バス網は、初見だと迷子や間違いの危険が高まるため、省略します。知りたい方はこちら(日祝、6月1日以降ダイヤ改正)
  2. 天神到着後、改札口(中央口)→6番出口→西鉄(にしてつ)の駅へ。
    • 地下鉄天神駅の改札を抜けると長大な地下街につながっており、入り込むと慣れない人は迷うかもしれません(そこかしこに案内板はあります)。
      地下鉄の「中央口」から出て、ほんの少し右へ→「西鉄天神大牟田線」の黄色い看板がある6番出口の通路へ入る→案内に従い地上の駅へ のルートが確実です。
      福岡市営地下鉄公式サイトより
    地下鉄天神駅改札
    地下鉄天神駅 中央改札から右手の風景

  3. 駅ビル2階、西鉄電車の福岡天神駅【特急or急行】→二日市駅(ふつかいち)で乗換→太宰府駅へ向かう。(特急で2駅目/急行は5駅目→3駅目の終点まで、約30分、400円)

    ★江雪のほか「戦国大名展」も一緒に観る場合は、300円オトクな往復乗車券と入場券のセットが改札そばの駅事務所や案内所で買えます。ポストカードや観世音寺、菅公歴史館の割引なども付随。詳しくは公式サイトへ(5月31日まで)

    • 地下鉄から地上に上がると、大きな駅ビルのただなかに出ます。西鉄の改札は2階にあります。
      西鉄福岡天神駅 北口

    • 朝6時台から夜23時台まで、約20分間隔で運行。「特急」か「急行」に乗れば、15分程度で必ず乗換駅の二日市に停まります(行き先表示はどれでもOK。特急料金はかかりません)。 →土日祝の時刻表平日
    • 朝9時台~11時台に、何本か直通の「急行太宰府行き」があります。これは乗換なしです。
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
    二日市駅太宰府線
    乗換駅の二日市駅に着いたら、この看板の路線へ。
  4. 終点の太宰府駅に到着。目の前から始まる天満宮の参道を徒歩で移動。鳥居をくぐって天満宮に入り博物館へ。約15分で到着。 【写真付きルートの記事はこちら】



天神地区から太宰府へ【電車/乗換1回 ※高速バス天神下車の方向け】

★江雪のほか「戦国大名展」も一緒に観る場合は、300円オトクな往復乗車券と入場券のセットが改札そばの駅事務所や案内所で買えます。詳しくは公式サイトへ(5月31日まで)

  1. 駅ビル2階、西鉄電車の福岡天神駅【特急or急行】→二日市駅(ふつかいち)で乗換→太宰府駅へ向かう。(特急で2駅目/急行は5駅目→3駅目の終点まで、約30分、400円)
    • 降車場である天神バスターミナルは駅ビルの3階に存在します。西鉄の改札は2階です。案内板に従って駅までお越しください。
    • 朝6時台から夜23時台まで、約20分間隔で運行。「特急」か「急行」に乗れば、15分程度で必ず乗換駅の二日市に停まります(行き先表示はどれでもOK。特急料金はかかりません)。 →土日祝の時刻表平日
    • 朝9時台~11時台に、何本か直通の「急行太宰府行き」があります。これは乗換なしです。
    • Suica、PASMO、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、ICOCA、nimoca、SUGOCA、はやかけん などが使えます。
  2. 二日市駅太宰府線
    乗換駅の二日市駅に着いたら、この看板の路線へ。
  3. 終点の太宰府駅に到着。目の前から始まる天満宮の参道を徒歩で移動。鳥居をくぐって天満宮に入り博物館へ。約15分で到着。 【写真付きルートの記事はこちら】